work06_01

想像力を刺激する、小さなアパルトマン。

築17年38平米マンションのリノベーション。前住民がすでに白いパリのアパルトマン風のリノベーションをしており、はじめからステキなお部屋でした。限られた予算の中で、料理好きな彼女が家を訪れてくれる友人達を美味しい料理でもてなせるように、夫婦2人気兼ね

なくゆっくりと家時間を楽しめるように、kurachiffonで空間提案させて頂きました。キッチンのシンクや水栓金具、コンロは、前住民が残していったモノを取り外し、新しいタモ材のキッチン天板に取付直しました。

「ただいま〜」と家に入ると、キッチンから小窓越しに「おかえり〜」というニコっの笑顔が見えます。また、玄関から対角線の1番遠いところまで見えるので、狭小ながら広がりを感じられる工夫をしました。

玄関には大きなクローゼットがあります。(もともとキッチンがあった場所。扉は位置を40センチ移動して転用しました。)38平米の小さな部屋ですが、収納を適所にきちんと取ることで、雑然としない広くすっきりとした空間になります。玄関タイル、キッチンタイルともに、ご主人のDIYです!!

寝室はご主人の身長ぎりぎりの高さまで床を上げ、寝室の下は収納庫。たっぷり入ります。

ダイニングテーブルは高さが調節できる脚を選びました。スタンディングバーに早変わり!
キッチンの奥には「ヒミツの空間」があります。(パントリー兼ワークスペース、寝室下の空間へもつながってます)

ダイニングテーブルのしかけは高さだけではありません。折りたたんでしまえばすっきり広々。ワークスペースのテーブルを持ってくれば、6人着席できます。(階段スツールも持ってくれば8人も!)

寝室へは階段家具で上り下りします。昼間は組替えて、テーブルとして使えます。

毎週末、夫婦の友人達が集まり、美味しい手料理と、世界中の情報交換が繰り広げられています。
お料理していても、キッチンとテーブルが同じ素材で作られているため、一体的に感じられ、会話にも参加可能です。