檜のちゃぶ台05

吉野桧の家具

2015.11.1 / lab-about

宮大工の技と吉野桧の融合

世界最古の木造建築である法隆寺に使われている桧。
桧は日本古来から私たちの生活に密着してきました。
奈良の宮大工の技で釘を使わず、寺社仏閣に使われている技法で作り出した、
匠の知と技を込めたちゃぶ台です。
つやのある軽やかな装いと、どっしりとした佇まい、そして、安らぎを与える桧の香り。
奈良の技と自然が織りなす最高の一品です。

This low table brings together the skill of miyadaiku temple builders and the natural beauty of Japanese Yoshino Cedar.
Used in building Horyuji Temple, the world’s oldest wooden building,
Yoshino Cedar is a time-honored element of Japanese craftsmanship.
Like traditional temples in the ancient capital of Nara, the tea table is made using no nails.The table’s bright shine gives a feeling of airiness that complements its grounded sturdiness.The low table brings together Nara’s tradition of craftsmanship and its natural surroundings.

檜のちゃぶ台04

檜のちゃぶ台01

檜のちゃぶ台02

吉野桧の特徴
吉野桧の特長は、節が少なく、 芯を中心に木目が縦に真っ直ぐに通っていること。節の元になる余計な枝を切り落とす「枝打ち」を行うことで、美しい木が出来上がります。また、1 ヘクタールあたりに8 0 0 0 ~ 1 2 0 0 0 本という大量の木を植える「密植」を行うことで、年輪幅が細かく均一な、頑丈な材が育ち上がります。特に吉野桧は、色つやが良く光沢もあり、数ある桧の中でも、とりわけ美しい色合いを誇っています。美しさと頑強さを兼ね備えた吉野桧。そのため吉野材は、法隆寺のような重要な寺社仏閣をはじめ、様々な建築物に広く用いられてきました。

Yoshino Cypress
Because of its relative lack of knots and regular careful pruning, Yoshino cypress has a remarkably straight and smooth grain. Yoshino cypress are planted densely, with 8,000 -12,000 per hectare, helping them to grow straight, with fine, uniform rings in the wood. Thewood has a bright luster and beautiful hue that shine above even other cypress. For this reason, it has often been used in the construction of important temples like Nara’s Horyuji.

ひで

奈良の宮大工 稲森康 Nara Miyadaiku Yasu Inamori
室生寺五重塔、平城京の大極殿復元、興福寺の中金堂、奈良文化財の建物の修復、修繕などを手がける

¥198,000( 税込み、送料別途)

問い合わせ先
oriodaisuke@gmail.com
上野桜木あたり3にて取り扱っております。
あたり3にて実物をご確認いただけます。メールにてお問い合わせ御願致します。